便秘解消のためにできること

便秘解消のためにできること

便秘解消には、トイレであまり踏ん張らないことが大切だという意見をテレビで見ました。

 

トイレに篭もって出そう出そうとしてしまうと、余計に緊張してしまって出にくくなるのだそうです。

 

痔の危険性や血圧の問題などで、医学的にもトイレで踏ん張ることはあまりよくないことだといわれているようで、トイレでは自然体でいることが大切なのかもしれません。

 

そうはいっても便秘で困っている時は、何が何でも出そうとしてしまいますよね。

 

便秘解消 効果 http://www.it-kerala.com/

 

踏ん張らなければ便秘になってしまうということ自体が、既に通常の状態ではないのだといわれても、便秘のたびに病院に通うのはやはり気がひけるというものです。

 

便秘の解消には適度な運動と食生活の改善、腸内環境を整えることが重要だと考えられています。

 

病院にいかず、薬を飲まずに便秘を解消するのならば、やはりそこのところを日々気をつけていかなければならないのだと思います。

 

今まで私は便秘解消のために、乳酸菌を多くとるようにしていましたが、乳酸菌はその都度排出されてしまうので、継続してとらなければならないのだということを新しく学びました。

 

これからは便秘の時だけでなく、日ごろから腸にいい生活を心がけるようにして、自然にトイレを使用できるように努力したいと思います。

食生活で便秘解消

 

食生活と便秘は大きく関係してくることです。

 

正しい食生活をしなければ便秘になってしまいますし、栄養バランスが悪くなると健康にも影響してきます。

 

便秘に悩んでいる人は、食生活を見なおして便秘解消をしてみてください。

 

便秘にいい食べ物は野菜などの食物繊維を多く含んでいる食べ物です。

 

 

 

野菜は便秘解消に役立ちますし、お肌を綺麗に整えてくれます。

 

野菜中心の生活をし、肉類などをあまり取らないようにすれば、便秘は解消されていきます。

 

レタスやキャベツなどの葉物の野菜に食物繊維は多く含まれますので、炒めたりせずそのまま食べる方が、食物繊維を多く摂ることができます。

 

その他にごぼうなども便秘解消にいい食べ物です。

 

レタスやキャベツやごぼうなどを、多く摂るようにすれば便秘に悩まされることはなくなると思います。

 

フルーツ類では、バナナが便秘解消に効果がある食べ物です。

 

なのでバナナを多く食べることで便秘を解消できますし、バナナはダイエット効果もあるので、そちらも期待できます。

 

バナナを毎朝一本でも食べるだけで、全然違いますので、バナナを多く食べるといいです。

 

栄養バランスを整えたら、自然と便秘が解消される時もあるので、自分の食生活を見なおして、便秘解消してください。

実際行った便秘解消法

 

私は慢性的な便秘に悩まされていました。

 

週に一度くらいのペースでしか出ず便秘薬に頼っていました。

 

しかし使いすぎてしまってお腹が痛くなったり、便秘薬を使用しないと出なくなってしまったため病院に行ったところ便秘薬の使用禁止を伝えられました。

 

それから便秘解消をするために色んな方法を試しました。

 

まずは朝にヨーグルトとりんごを食べていました。ヨーグルトは便秘解消には有名なので取り入れて、りんごは食物繊維は豊富なのとお腹にも優しいので食べていました。

 

またごぼうも食物繊維が多いので、煮物を作ったりごぼうサラダを食べたりしていました。

 

さつまいもも焼き芋にしておやつに食べたりしました。さつまいもは好きなので続けられましたし、甘くお腹にたまるのでデザートと食べなくなりました。ダイエットにもなりそうです。

 

運動は便秘解消に良いと聞いたのですが、私は運動が苦手なので腹筋のみ行っていました。

 

最初は少ない回数からスタートして慣れてきたら回数を増やしていきました。

 

また寝る時間を早くして睡眠時間を多くとるよう心がけました。

 

即効性はありませんでしたが、少しづつ解消されていきました。

 

現在は3日に1回とまだ便秘の部類なのですが以前よりは症状もマシになっています。